注意欠陥多動性障害(ADHD)

チャイルドパワー HOME » 注意欠陥多動性障害ADHD

注意欠陥多動性障害(ADHD)

子どものころからその特徴があらわれ、
大人になっても継続していくこともあります。

ADHDは(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder = ADHD)は、
年齢あるいは発達に不釣り合いな注意力及び/又は衝動的、多動性を特徴とする行動の障害で社会的な活動や学業の機能に支障をきたすものである。また7歳以前に現れ、その状態が継続し、中枢神経系に何らかの要因による機能不全があると推定される。

<注意欠陥多動性障害(ADHD)の特徴>

不注意(集中できない)

多動・多弁(じっとしていられない)

衝動的に行動する(考えるよりも先に行動する)

<主な発達障害>

<グレーゾーンの子どもがいる!気づかれない子が多い>

⓪:従来の保育・教育が通用する子

①:診断名はないが、ちょっと不器用で
  乱暴な子。健常児の③~4割程度

②:明らかな症状がなく診断名が付きにくい
  子。本人や親の問題だと誤解されがち。

③:発達障害の診断名がつく子。

④:知的障害などの診断名のある子

<早く治療教育(療育)を>

チャイルドパワーの理念

チャイルドパワーへの思いを見る

支援内容

チャイルドパワーの指導方法
相談・アセスメント
プレ小学校
小学塾
個別指導
ペアレントトレーニング

発達障害

発達障害について
アスペルガー症候群 AS
注意欠陥多動性障害 ADHD
学習障害 LD
よくあるご質問

NPO法人学校外教育支援協会

代表:福本 秀樹
代表:福本 秀樹
一番大事なのは「障害の有無」ではなく「どう支援すれば効果的か」を明らかにする事です。
学校外教育支援協会
ページの先頭へ戻る

相談・アセスメント

プレ小学校

小学塾

個別指導

ペアレントトレーニング

コンセプト

チャイルドパワーへの思い

チャイルドパワーの指導方法

プレ小学校 指導プログラム

小学塾 指導プログラム

発達障害について

アスペルガー症候群

注意欠陥多動性障害

学習障害

ブログ:深松 慶子

ブログ:柳瀬 祐子

新着情報

よくある質問

法人概要

相談・お問い合わせ

プライバシーポリシー

チャイルドパワー HOME

NPO法人 学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部
〒933-0871 富山県高岡市駅南1-1-18 中野ビル3F TEL/FAX 0766-24-3311
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

COPYRIGHT © NPO法人学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部(富山県高岡市) ALL RIGHTS RESERVED