発達障害について

チャイルドパワー HOME » 発達障害について

発達障害について

発達障害は脳の機能障害、
発達に凸凹があり、得意・不得意の差が大きく現れます。

発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害、注意欠陥多動性障害その他これに類する脳機能の障害であって、その症状が通常低年齢において発現するものとされています。
これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。
また、同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。

<凸凹が生じやすい7つの領域>

認知
周りの世界を捉えて理解し、言葉を用いて考えること。

社会性
他人の気持ちをよみ、人と上手に付き合うこと。社会のルールを習得すること

学習
文学を読む・書く・計算するなど。基本的な認知能力の土台になる

運動
歩く・走るなど、身体全体を動かすこと

言語
言葉を使って話せる、言葉を理解するなど

注意力・行動コントロール
注意を向け、集中すること。場面や状況に応じて行動をコントロールすること

手先の動き
字を書く・箸を使うなど、自分の思い通りに指先を細やかに動かすこと

<主な発達障害>

対人関係でつまずいて、仕事上で致命的に

成績優秀なのに、仕事ができない

引きこもる要因の第一が、発達障害(2010厚労省)

大人の発達障害の86%に精神疾患の合併症

<主な発達障害>

<グレーゾーンの子どもがいる!気づかれない子が多い>

⓪:従来の保育・教育が通用する子

①:診断名はないが、ちょっと不器用で
  乱暴な子。健常児の③~4割程度

②:明らかな症状がなく診断名が付きにくい
  子。本人や親の問題だと誤解されがち。

③:発達障害の診断名がつく子。

④:知的障害などの診断名のある子

<早く治療教育(療育)を>

チャイルドパワーの理念

チャイルドパワーへの思いを見る

支援内容

チャイルドパワーの指導方法
相談・アセスメント
プレ小学校
小学塾
個別指導
ペアレントトレーニング

発達障害

発達障害について
アスペルガー症候群 AS
注意欠陥多動性障害 ADHD
学習障害 LD
よくあるご質問

NPO法人学校外教育支援協会

代表:福本 秀樹
代表:福本 秀樹
一番大事なのは「障害の有無」ではなく「どう支援すれば効果的か」を明らかにする事です。
学校外教育支援協会
ページの先頭へ戻る

相談・アセスメント

プレ小学校

小学塾

個別指導

ペアレントトレーニング

コンセプト

チャイルドパワーへの思い

チャイルドパワーの指導方法

プレ小学校 指導プログラム

小学塾 指導プログラム

発達障害について

アスペルガー症候群

注意欠陥多動性障害

学習障害

ブログ:深松 慶子

ブログ:柳瀬 祐子

新着情報

よくある質問

法人概要

相談・お問い合わせ

プライバシーポリシー

チャイルドパワー HOME

NPO法人 学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部
〒933-0871 富山県高岡市駅南1-1-18 中野ビル3F TEL/FAX 0766-24-3311
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

COPYRIGHT © NPO法人学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部(富山県高岡市) ALL RIGHTS RESERVED