プレ小学校

チャイルドパワー HOME » プレ小学校

プレ小学校

小グループで小学校の授業場面や
集団生活に必要なスキルの獲得を目指します。

学校という集団生活の中で、生活、行動、学習の面で何らかの困難が生じると予想されるお子様に適切な指導を行い、集団生活、学習で必要なスキルを身に付け、スムーズに学校生活を送ることができるようにします。

<対象・時間・費用>

対象 時間 費用
年中児・年長児 土曜日(月3回) 09:00~11:00 年間 500,000円(税込540,000円)

<実施期間> 5月~翌年3月(11ヶ月間)

<指導場所>

小学校の現場になじみやすいように
小学校をイメージした教室で学習します。
小学校で使用されている机、椅子、引き出しなども使います。
アクセスのよい場所(高岡駅そば)

NPO法人 学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部
〒933-0871 富山県高岡市駅南1-1-18 中野ビル3F
TEL 0766-24-3311

<指導>

お子様の成長の様子や検査などからお子様の特性を正しく知ることから始め、
一人ひとりの状況にあったプログラムを作成し、段階的に指導します。お子様には、最低2人に1人のサブティーチャーが付きます。担当者は、長年、教育現場で、経験を積んできた教師で、発達障害について専門的な研修を積んでいます。指導内容は、年間を通して、自立した生活に関すること、学習態度に関すること、集団活動、コミュニケーションに関することをプログラムに従って段階的に指導します。また、毎回、お子様の授業の様子から指導を見直し、その都度修正しながら適切に指導を進めていきます。指導中のお子様の様子については別室のモニターでご覧になることができます。
ご家族の方には、ご家庭でお子様とどのようなかかわり方をすればよいか、アドバイスをしたり、指導内容がお子様に身に付くようにホームワークを準備いたします。
“チャイルドパワー”で身に付けたスキルは実際に学校や幼稚園で活かさなければなりません。そこで、お子様が通ってらっしゃる保育園や幼稚園、入学予定の小学校に配慮して頂きたいことを伝え、継続的に連携しながら指導していきます。

自立に関する
プログラム

行動、心を育てる
プログラム

苦手な部分をなくす
トレーニング

家庭での
大人の関わり方

ペアレントトレーニング

指導プログラムの一例を見る

チャイルドパワーの理念

チャイルドパワーへの思いを見る

支援内容

チャイルドパワーの指導方法
相談・アセスメント
プレ小学校
小学塾
個別指導
ペアレントトレーニング

発達障害

発達障害について
アスペルガー症候群 AS
注意欠陥多動性障害 ADHD
学習障害 LD
よくあるご質問

NPO法人学校外教育支援協会

代表:福本 秀樹
代表:福本 秀樹
一番大事なのは「障害の有無」ではなく「どう支援すれば効果的か」を明らかにする事です。
学校外教育支援協会
ページの先頭へ戻る

相談・アセスメント

プレ小学校

小学塾

個別指導

ペアレントトレーニング

コンセプト

チャイルドパワーへの思い

チャイルドパワーの指導方法

プレ小学校 指導プログラム

小学塾 指導プログラム

発達障害について

アスペルガー症候群

注意欠陥多動性障害

学習障害

ブログ:深松 慶子

ブログ:柳瀬 祐子

新着情報

よくある質問

法人概要

相談・お問い合わせ

プライバシーポリシー

チャイルドパワー HOME

NPO法人 学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部
〒933-0871 富山県高岡市駅南1-1-18 中野ビル3F TEL/FAX 0766-24-3311
Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!

COPYRIGHT © NPO法人学校外教育支援協会 チャイルドパワー事業部(富山県高岡市) ALL RIGHTS RESERVED